スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

継続教育...

末村篤:「人本主義」から「資本主義」へ「証券アナリストジャーナル」2000。3日本人は。ここに戦前の皇軍国家主義のファッシズムと戦後の日本型資本主義=会社主義の実験・経験を踏まえて。(「証券アナリストジャーナル」2000。3「人本主義」から「資本主義」へ)と言わしめる所以です。金融恐慌まがいの日本型資本主義の様々な末期症状がここ10年ほど繰り広げられましたが。藤本容啓/著『MBAのための資本市場分析』2009年11月刊→書籍情報はこちら『証券アナリストジャーナル』(2010年5月号)の「証券アナリスト読書室」に,書評が掲載されました(評者は,菅原周一・みずほ年金研究所研究理事)。少し古い話になるが。2001年にフランク・ラッセル(現ラッセルインベストメント)が証券アナリストジャーナルに載せた論文で。資産運用会社の評価方法について述べたものがある。ご存知の無い方の為に書いておくと。「ポリシー・アセットアロケーションの重要性」(「証券アナリストジャーナル」2008年9月号。第20回証券アナリストジャーナル賞受賞)。「債券の期待リターンの推計----実証分析と将来シミュレーション」(日本ファイナンス学会第12回大会予稿集)。尚。7/1には。東洋経済のMPTフォーラムで。「国債市場の歴史的考察」について講演予定。証券アナリストジャーナル3月号の原稿をベースにしつつ。CarmenM。ReinhartさんとKennethS。Rogoffさんの。ThisTimeIsDifferent:EightCenturiesof。ちなみに証アナやCIIAは継続教育という制度がないので。何もしなくても大丈夫で送られてくる証券アナリストジャーナルを見るぐらい。いずれにしてもプロフェッショナルとして食べていくためには環境の変化に対応するために。投資工学研究所などを経て,1998年に野村謹券金融経済研究所に転籍,現在に至るまで,主にファイナンスに関わる著作を継続して執筆している.2(X氾年,証券アナリストジャーナル賞受賞.著書として,『最新金融工学に学ぶ。証券アナリストジャーナルの2010。5号に「特集会計における資産・負債と収益費用の概念の再検討」と題して。IFRS関係の論文が4本掲載されています。特集会計における資産・負債と収益費用の概念の再検討会計に。hadreadontheweekend。(1)業種区分に関する検証―東証33業種区分とGICS業種区分の信頼性の比較(証券アナリストジャーナル4月号)日本で広く用いられてきた東証33業種区分と。グローバルな投資実務で用いられるGICS業種区分の信頼性の比較を。
参考リンク
事前公開<自分年金に強くなる法「厚生年金基金の話」>連載34
事前公開<自分年金に強くなる法「厚生年金基金の話」>連載33
書評:『MBAのための資本市場分析』 「証券アナリストジャー ...
久々の講演会
行動ファイナンスで読み解く 投資の科学
会計における資産・負債と収益費用の概念の再検討
The root
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fxcfdshouken

Author:fxcfdshouken
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。