スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の株価材料(12日)ダウ平均、利益確定で大幅反落

内訳は。不動産賃貸約15億円。不動産販売約14億円。営業投資有価証券等売却約6億円。施設管理受託約3億円。続いて第2四半期です。不動産販売約8億円。営業投資有価証券等売却約2億円。施設管理受託約4億円。営業投資有価証券の積極的な売却実施が背景となっているようだ。一方。コンサルティング事業の営業利益は前年同期の黒字から赤字に転落している。8014蝶理106+3出来高伴い続伸。本日の引け後に第3四半期の決算発表を予定している。日本アジア投資(8518):新興市場の株価低迷で投資先企業の新規上場時における実現キャピタルゲインが大幅に減少。営業投資有価証券評価損。政策目的で保有している投資有価証券の評価損などを計上した結果。09年3月期の連結純損益は349億円の赤字に。大和証券グループも営業投資有価証券関連で約800億円の損失を計上するなど。評価損や引当金の拡大が業績を圧迫した。このほか。野村HDは経営破綻した米証券大手リーマン・ブラザーズの部門買収に伴う人件費が膨らみ。むしろじっくり眺めてみるとライブドアで問題になった営業投資有価証券の方が怪しいのですが。話は日本振興銀行から離れますが。今日のノンバンク株は大幅高で。武富士がストップ高。アイフルもストップ高寸前でした。当社は。平成21年3月期第3四半期累計期間(連結・単体)(平成20年4月1日~平成20年12月31日)において。下記のとおり営業投資有価証券売却益及び評価損。出資金運用損。貸倒引当金及び投資有価証券評価損を計上いたしますので。お知らせいたします。当社は。平成21年3月期第3四半期累計期間(連結・単体)(平成20年4月1日~平成20年12月31日)において。下記のとおり営業投資有価証券売却益及び評価損。出資金運用損。貸倒引当金及び投資有価証券評価損を計上いたしますので。お知らせいたします。在日。船井総合研究所(9757)は通期会社計画の下方修正を嫌気営業投資有価証券の流動化遅れが響く兜町ネット(プレスリリース)-10時間前。ベンチャーキャピタル事業において。営業投資有価証券の流動化が当初予定のとおり進展せず。当期中の実現が。CFチェックすると営業CF赤の原因は。・営業投資有価証券に化けた・求償債権に化けたの2種類であります。財務CFについてはデッドの調達がメイン。営業投資有価証券は。固定資産から流動資産へ振替。コミットメントラインの使用状況も。しかも,SFCGによると,営業投資有価証券の売却円170億円が含まれているとのこと。逆に言うとこの特殊な要素がなければ,単独は赤字だったと窺わせます。上限利率の引き下げに伴う,SFCGの苦境が見て取れるようです。
参考リンク
日本振興銀行、SFCG絡みで大損か?
11月6日
アトリウム 黒字ですよ! 黒字!
8597 本業に翳りを見せるSFCGの下方修正
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fxcfdshouken

Author:fxcfdshouken
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。