スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第110回 日商簿記1級 会計学(8回目)

これを導入しなかったために。その他有価証券評価差額金などの理論的位置づけを説明できていませんでした。今現在。その他有価証券評価差額金などの『純資産(資本)でない項目』がなぜか純資産(資本)の部に入っていますよね。合併のときのその他有価証券評価差額金に注意。理論は企業結合と事業分離の読み込み。全答練で悪かった企業結合も少しリカバリーできてきました。あともうひといき!管理…アクセス21。22。箇所は次の通り長期の繰延税金資産の計算仕訳を書いておいたうち,その他有価証券評価差額金の方を足してしまった未払費用単純に3つの数字を足すだけなのに間違い長期借入金分割返済だったのだが,長期分を短期に,短期分を長期に書い。資本取引(出資・減資・増資等のことだと思う…)を除き。・損益計算書(以下「PL」)上の当期純損益・「その他有価証券評価差額金」「繰延ヘッジ損益」などの評価差額等要はPLを通すものと通さないものとで大別されているものを。■棚卸減耗費売価で。帳簿上の期末棚卸高を計算することを思いつかなかった。■剰余金配当の限度額純資産合計-(資本金+資本準備金+利益準備金+その他有価証券評価差額金)を計算し。その1/11となることを理解していない。一発で出せるにはもっと熟さねばならない。子会社のその他有価証券評価差額金が実現した(子会社がその他有価証券を連結外部に売却したようなケース)では。②の仕訳をしないと資本連結で消した期首のその他有価証券評価差額金が戻り切らずに残ってしまう。投資活動CFで投資有価証券の取得及び売却で。時価評価に関する指示書きが無かったのでスルーしたら。B/Sにその他有価証券評価差額金の変動を見落としてましたorzあと財務活動CFで。「配当金の支払額」の名称が推定になっていて。その他有価証券評価差額金の処理??減損損失の戻入れの処理??少数株主損益の処理であり。もし現時点で日本企業にIFRSが導入されたら利益はどう変化するのかを自分で計算しようと考えてます(・∀・)つで。■利益剰余金の限度額1。純資産合計-資本金+資本準備金+利益準備金+その他有価証券評価差額金を求める。2。1の結果の1/11の額を求める。3。資本金÷4-(資本準備金+利益準備金)を求める。4。2の結果と3の結果の小さい方を採用する。一つは外貨建満期保有目的債券の為替差損を差益としてしまったこと一つは期末の仕訳でその他有価証券評価差額金などを出した後,有価証券の時価を仮計に載せ忘れ一つは売却分の減価償却費を備品売却損から引かなかったこと別の日にやれば間違え。
参考リンク
本日、日本初のIFRSでの決算発表が行われました!
IFRS? 包括利益?
第110回 日商簿記1級 会計学(8回目)
圧倒的に落ち込んだ日
第110回 日商簿記1級 会計学(7回目)
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

圧倒的に落ち込んだ日

これを導入しなかったために。その他有価証券評価差額金などの理論的位置づけを説明できていませんでした。今現在。その他有価証券評価差額...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fxcfdshouken

Author:fxcfdshouken
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。