スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資産運用セミナー&東京マラソン

同グループ日本法人マン・インベストメンツ証券の林秀彦社長が5日。ブルームバーグ・ニュースのインタビューで明らかにした。同社の06年3月末の運用資産残高は世界全体で499億ドル。同グループ日本法人マン・インベストメンツ証券の林秀彦社長が5日。ブルームバーグ・ニュースのインタビューで明らかにした。バーナンキFRB議長:インフレ期待の上昇「重大な懸念事項」バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長は4日。(マン・インベストメンツ証券株式会社林秀彦氏の説明より引用)関連記事マンインベストメンツ(ManInvestments)AHLへの投資ManInvestmentsのファンド情報(ADPクローズ)ManInvestmentsのファンドのパフォーマンス(ADP他)英マンとウィン。マン・インベストメンツ証券株式会社取締役会長の森居誠司氏。資産規模は約1兆8000億ドル(200兆円)のヘッジファンドの実情について解説して下さっています。まずは「そもそもヘッジファンドとは・・・」という基本的なお話からスタート。マン・インベストメンツ証券株式会社取締役会長の森居誠司氏。資産規模は約1兆8000億ドル(200兆円)のヘッジファンドの実情について解説して下さっています。まずは「そもそもヘッジファンドとは・・・」という基本的なお話からスタート。マン・インベストメンツ証券株式会社取締役会長の森居誠司氏。森居氏とは2月に資産運用セミナーでもご一緒させて頂きましたが。ヘッジファンドの実情についていつも大変興味深いお話を披露して下さいます。ヘッジファンドの特徴は高度な技術を駆使して。相場の動向に左右されることなく。絶対リターンを中長期的に追及するところにある。その投資哲学は「いかなる市場環境においてもリスクを最小化し。リターンを確保する」というものだ。今日は日経BPnetのお仕事(世界最大級のヘッジファンド運用会社。マン・インベストメンツ証券の森居誠司会長との対談)に始まり。東証アローズストックボイススタジオから後場の生放送を担当。その後は国際協力銀行にて『ブラジル経済』に関。第二部の講演者は世界最大級のヘッジファンド運用会社。マン・インベストメンツ証券株式会社取締役会長の森居誠司氏。どちらもテーマは『目利きの時代』でした。なかでも森居氏が解説されたヘッジファンドの実情についての内容は。だからカルパースが検討していることは「極めて合理的」(マン・インベストメンツ証券の林秀彦社長)である。付加価値が得られないのならば。報酬を払わないのだから。「そんな報酬体系にしたら。日本では資産運用ビジネスが成り立たず。
参考リンク
英マン・グループの日本法人 資産残高、1年早く目標達成- ...
Man AHL Diversified Program(AHLダイバーシファイド・プロ ...
カルパースが「収益なければ報酬なし」と宣言
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:fxcfdshouken
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。