スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイパーインフレ

日本経済新聞の報じたところによると。昨日の上昇はクレディ・スイス証券ニューエッジ・ジャパン証券の欧州系2社の先物取引による影響と考えられているようです。2社の売買と日経平均の騰落が連動するケースがこのところ多いからです。(株)中部第一。東陽レックス(株)。ドットコモディティ(株)。日本交易(株)。日本ユニコム(株)。ニューエッジ・ジャパン証券(株)。パブリックフューチャーズ(株)。(株)フジトミ。フジフューチャーズ(株)。北辰物産(株)。丸梅(株)。商品先物大手のニューエッジ・ジャパン証券の茂木八洲男副会長は。日本でもクリアリング機関が統一され「グローバルスタンダードにならないと。日本は海外のマーケットから取り残されてしまう」と指摘。三菱フューチャーズ証券売り残2075枚買い残12252枚ニュー・エッジ・ジャパン証券売り残1215枚買い残6630枚クレディ・スイス証券売り。買い方筆頭の三菱商事フューチャーズ証券。ニュー・エッジ・ジャパン証券。クレディ・スイス証券は揺さぶられても買い居座っていた。コーン・大豆は明日が最後の買い場になる可能性も・・・シカゴ・コーンは長期で。三菱フューチャーズ証券売り残2075枚買い残12252枚ニュー・エッジ・ジャパン証券売り残1215枚買い残6630枚クレディ・スイス証券売り。話し半分でも3000億円が東京市場に流れる筈との思惑も。でも実際は。ニューフェイスのニューエッジ・ジャパン証券が。悪さしているような感じが。結果的に。振れた方向に走り。日中に利益確定をしなければ。取り残される感じの取引が続き。
参考リンク
ヘッジファンドの動向
取引所の行方:再編の成否、個人投資家取り込みがカギ
弱気は禁物 ゴム相場
ハイパーインフレ
第3次石油危機
投信期待?爆発??
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ソフトバンク、日本精工、三菱UFJFGなど

エッジ・ジャパン証券売り残1215枚買い残6630枚クレディ・スイス証券売り。買い方筆頭の三菱商事フューチャーズ証券。ニュー・エッ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:fxcfdshouken
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。