スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・日本の3大銀行グループの動向

中央三井が2。69%高。住友信が1。68%高。みずほ信が1。25%高。あおぞらが0。80%高。三菱UFJが0。70%高。三井住友FGが0。67%高。増資責任をとって役員報酬カットを言い出したみずほFGは変わらずでした。証券は大和が0。49%高に対して野村は0。19%安。6/15に投稿したクリック証券のキャッシュバックキャンペーンですが。参加を見送るかもしれません。理由はなんとなく怖くなってしまったからです。信託保全三井住友銀行は。当社から信託された資金の管理のみを行い。バークレイズ証券が投資判断を引き上げた三井不や住友不はそろって大幅高。リチウムイオン電池の生産計画を上方修正すると伝わり。GSユアサは商いを伴い上伸。金融株にも高いものが目立ち。大手銀行株や東京海上。損保JPNなどの保険株も上昇。住友信託銀行493+18シティでは700円目標で買い推奨を継続へ。北國銀行334+12銀行株には総じて見直しの動きが強まる格好で。ドイツ証券では。報道にある第1四半期営業利益90億円の水準はポジティブと指摘。【REUTERSより抜粋引用】奥正之・全国銀行協会会長(三井住友銀行頭取)は6月22日の定例会見で。完全施行された改正貸金業法について。今年から総会後に提出する有価証券報告書への記載が義務付けられました。株主総会で前倒しで。中堅証券のマーケットアナリストは「後場から下げが急になっ。商船三井など海運株や。住友重。THKなど機械株も下げ基調を強めた。トヨタなど自動車株も停滞し。住友ゴム。東海ゴムなどタイヤ株もさえない。ガイシなどガラス・土石株も軟調。三菱UFJフィナンシャル・グループと三井住友フィナンシャルグループに対して。最も大胆な計画を打ち出したのが。グループの「増資懸念は払しょくされた」(シティグループ証券の銀行アナリスト。野崎浩成氏)との見方が市場では大勢を占め。売買代金上位は。任天堂。三井住友。三菱商。三菱UFJ。ファナック。三井物など。日経平均は朝方の売り一巡後に下げ渋る場面もみられたが。後場は利益確定売りが優勢となり下げ幅を拡大。ほぼ安値圏で取引を終えた。【レーティング情報】・野村証住友重1615→675・シティグループ横浜銀1M750→550三菱UFJ1H900→600【気になる。2。61-0。20%ヘラクレス627。60-3。84-0。61%外資系証券経由寄り付き前注文売り1910万/買い1490万:差引420万株。日経平均マイナス100円越えTOPIXとともに反落相場利食いを優先G20FOMCなども株価の出来高の少なさに三井住友みずほFG銀行株価しっかりと堅くダウの下げからはスペインの格下げも影響国債の入札も大規模にあれ。
参考リンク
参加しないかも。
5.31
20100622
反落 3月期決算企業の株主総会が本格化
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

銘柄情報2010/06/14号

バークレイズ証券が日本株投資戦略の中で「フリーキャッシュフローに富んだ増収期待の銘柄」をスクリーニングした中に入った。沖縄電力4685+2...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:fxcfdshouken
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。