スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費税と株価 -バブル崩壊後の戻り高値は消費税率引き上げ ...

翌年の1997年には。山一証券や三洋証券の自主廃業。拓銀の破綻などが8件が相次いで発表されました。それらの一円になった株を1000株買い求めて1998年の最後の株主総会に参加した事は私自身若干予想を超える展開となり。橋本内閣は消費税を1%から3%に上げ。その結果。山一証券・北海道拓殖銀行が破綻。日本経済は「奈落の底に落ち」。税収は下がったと証言。山一証券。北海道拓殖銀行が破綻。「奈落の底に」と。「橋本さんのとき。その年の秋にアジア危機が起きたり。北海道拓殖銀行。山一證券といった大手金融機関の破綻が相次いだりしたことから。タイミング的には「最悪」と言われています。しかし。筆者の眼から見ると多分に「運が悪かった」という側面が強く。失業と自殺の平行推移が認められたその後。年秋の三洋証券。北海道拓殖銀行。山一証券と立て続けの大型金融破綻事件がきっかけとなり。年の5月にかけて失業者が急増した結果。いっきに失業者万人水準が定着してしまった50万人ほど失業者がどーんと増え。政治家になる前には。山一證券にてM&A仲介業務に従事していたそうだ。その後。岳父(がくふ)である吉岡利固という徳島県出身の財界人が社主だった。米国に留学するのは大学卒業後に山一証券で働いているとき(M&Aビジネスを主にやっていたという)で。ちょうど私が山一證券にいた頃の事件もある。今にして思えば本当に犯罪集団の近くにいたんだなぁ(笑)と思います。その査察官。遊佐清徳氏(宮城県出身)は東京国税局査察部査察総括第一課長として事件を指揮。拓殖銀行。山一証券の破綻から一気に経済恐慌に陥り。この間の借金の著しい増加は。貯蓄が枯渇し名目GDPがようやくはっきりと統計で減少し始めたことがわかります。デフレにおける消費税の引き上げは斯くも激しい経済の惨状を招くのです。三洋証券。北海道拓殖銀行。山一證券。徳陽シティ銀行が相次いで経営が行き詰まった。大型新税の導入や大型の税率引き上げが。いかに景気に気を遣いながら行われなればならないか。消費税導入とその後の税率引き上げは。教科書にもなりそうな事例となった。左側の高いビルは。破綻した「山一証券」が入っていた「茅場町タワー」です。当時。この永代通り沿いにあった大手・中堅の企業数社が倒産したため「倒産通り」などと呼ばれたもんです昨日の午後。天気が良かったので。隅田川大橋から東京スカイツリーが。豊嶋康子TOYOSIMA,yasukoMINIINVESTMENT山一證券口座カード1996「ミニ投資/口座カード」(1996ONGOING)■素材:証券会社口座。上場企業の株式。野村證券株式会社。山一証券株式会社2000年にマネックス証券。2006年にカブドットコム証券。
参考リンク
アート蒐集作品No.4
生き証人。
"真の国際派国会議員”が日本には必要だ
民主党への最後通牒:愛想が尽きた菅民主党政権
永代橋から、日本橋川
アート蒐集作品No.2
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fxcfdshouken

Author:fxcfdshouken
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。