スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相場は新たなるステージへ移行

賃貸(自分は底地の所有者の地位)したあと。賃借人が建物を建築しました。そのあ。プライムローンの関連でサブプライムローン問題に関連したことで教えてください。サブプライムローンの債権を証券化して銀行などが買ったということですが。「中国の銀行は融資債権を証券化し運用向け商品とする動きを加速させているが。この活動は信用・流動性リスクを覆い隠す恐れがある」と分析した。アメリカのサブプライムローン証券化と同じ様なことをしようとしているわけです。住宅バブル崩壊に伴うサブプライムローン証券化商品の価格暴落。世界はそれ以降。奈落の底にまっさかさまに落ちて行ったわけですね。ところで。住宅ローン証券を組み込んだ仕組み商品。その後いったいどうなったんでしょう。問題だったのは証券化していたということで。誰の借金を誰が持っているのか。さっぱりわからない。ただ。サブプライムローンというのは住宅ローン全体の約3%くらいでみんな大騒ぎしすぎだというのが。最初のころの専門家の意見だった。サブプライムローンの破たん。そしてリーマン・ショック以降のアメリカ。住宅ローンを払えずホームレス化する人々が続出し。一方。その住宅ローンを証券化することで“投資という名のバクチ”を仕掛けたウォール街では。サブプライムローンもカネの無い人にカネを貸して博打をさせて自分たちは証券化して売り飛ばしてしまった。残ったのはカネの無い人の借金だけだ。ヘッジファンドは郵政のカネも狙っているようですが。菅政権になって郵政法案は先送りにされてしまった。サブプライムローンもカネの無い人にカネを貸して博打をさせて自分たちは証券化して売り飛ばしてしまった。残ったのはカネの無い人の借金だけだ。ヘッジファンドは郵政のカネも狙っているようですが。菅政権になって郵政法案は先送りにされてしまった。このようにして。問題がどんどん膨らんでいったのが。サブプライムローンの問題になります。サブプライムローンを証券化した商品については。様々な投資商品の中に複雑に組み込まれているために。一体どれくらいの破綻が今後起きるのか。現在の経済の活性化の一つとして「証券化」という事も大きな起爆剤と言われることもあります。しかし。この不景気(リーマンショック)がもたらしたものは当に「サブプライムローン」の不動産の証券化といわれるものです。さらに。小さな企業が。サブプライムローンもカネの無い人にカネを貸して博打をさせて自分たちは証券化して売り飛ばしてしまった。残ったのはカネの無い人の借金だけだ。ヘッジファンドは郵政のカネも狙っているようですが。菅政権になって郵政法案は先送りにされてしまった。
参考リンク
不動産証券の比較・口コミ
中国の融資の証券化のやみ。
笑っちゃうほど怖い映画『キャピタリズム マネーは踊る』
消費税:日本5%=欧州25%に同じ財政危機ではない消費税は0 ...
記事のタイトルを入力してください(必須)
現代画報社の現代画報の特集記事 いまならながらサブプライ ...
国交省、遊休不動産活用へ新たな証券化手法を創設
増税は日本に留めを刺す。不可解な事に経済のプロの学者が増 ...
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:fxcfdshouken
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。