スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は

この授業は何気に数学使うことが多いです。三限:ドイツ語ついに来ました。進んだ文章が約一文!内容は…相変わらずカオスです\(^o^)/四限:証券投資論価値評価モデルの四パターンでした。あたまがまわらないorz授業後は主に図書館。ハイリスク・ハイリターンスワップ取引契約でキャッシュ・フローを交換する取引契約当事者の双方が得をする場合におこなわれる。**************************今回で証券投資論の分野は終了です。次回からはコーポレート・ファイナンスの分野に入り。二限:社会経済学カレツキモデルについて。相変わらず人が少ない…。三限:ドイツ語ジンメルの話。今日は第五パラグラフでした。相変わらず抽象的過ぎます^^;四限:証券投資論企業価値やら調達コストやら。今までの内容をややまとめ。たしかに証券投資論を考慮すると国債を外して安定的な資金運用を行うのは難しい。しかしいくら安全確実にちょっとだけ上乗せされたお金が戻ってくるとしても自分が国に貸したお金が誰も使わない道路の建設に充当されるというのは納得できないものがある。変わったね」と言われたもうあれですね夢見る少女じゃいられませんうむ。自己分析。業界研究。企業研究めんどーーーー研究のほうはなんというか。わからないです「証券投資論」わからないですでも。これぐらいで弱音は吐きませんもう泣き。3限まで頑張ったてかレポート5つもある7月までだけどさーやばっぴーやばっぴー経営分析論と証券投資論のレポートほんとに意味わかんなすぎ学校授業終わってそのまま塾行って5コマ振替やって5時に終わりーのそっから水道橋で。ささっと日記を書きます。一限:ついにレポートが出た管理会計。二限:そろそろ復習しようかなの社会経済学。三限:今日もゆっくりドイツ語。四限:うあ~な証券投資論。四限はなかなかしんどいので頑張りどころです。明日も学校!ゼミファイト。9月の代表選で。返り咲くのでは?新・証券投資論I日本経済新聞出版社小林孝雄芹田敏夫日本証券アナリスト協会クリック:7回現代ファイナンス分析資産価格理論ときわ総合サービスJean‐PierreDanthineJohnB。Donaldsonクリック:3回。講義には3種類あります(厳密には4種類なのですが。いわゆる修論なので除く)。・基礎科目(統計分析。マーケティング。会計学etc)・専門科目(行動ファイナンス。証券投資論。政策評価論etc)・実務科目(会計市場分析。新・証券投資論I作者:小林孝雄,芹田敏夫,日本証券アナリスト協会出版社/メーカー:日本経済新聞出版社発売日:2009/06/26。クリック:7回この商品を含むブログ(4件)を見る新・証券投資論II作者:伊藤敬介,諏訪部貴嗣,荻島誠治,日本証券。
参考リンク
477ページ目
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

億の近道2010/06/21

証券投資論I日本経済新聞出版社小林孝雄芹田敏夫日本証券アナリスト協会クリック:7回現代ファイナンス分析資産価格理論ときわ総合。新・証券...

今日は

勉強を始める人や辞書として使いたい人向け証券アナリスト協会の本なので。多くの項目について網羅されている。第1章投資家の選考第2章ポ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fxcfdshouken

Author:fxcfdshouken
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。