スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

II-3.過去の財務諸表の組替え

その他有価証券評価差額金→その他有価証券の評価差額。・繰延ヘッジ損益→ヘッジ会計を適用する場合におけるヘッジ手段に係る評価差額。損益計算書費用勘定売上原価/生産原価・商品仕入高→売上商品の仕入高。包括利益は。当期純利益にその他有価証券評価差額。繰延ヘッジ差益。為替換算調整勘定などを加えて算定します。国際会計基準とのコンバージョンの中で。純利益の表示をやめて包括利益へ一本化と言った案もありましたが。包括利益は。当期純利益にその他有価証券評価差額。繰延ヘッジ差益。為替換算調整勘定などを加えて算定します。国際会計基準とのコンバージョンの中で。純利益の表示をやめて包括利益へ一本化と言った案もありましたが。間違いってのが有価証券のところだったんで。投資有価証券。関係会社株式。その他有価証券評価差額金と連鎖しまして…解答箇所と正解箇所の割合で計算したところ。7割ほどの正解でした。お得意な株主資本等変動計算書でかなり点数を稼いだと思います。総合問題の方はその他有価証券評価差額金があるときの過年度売却で転記ミス。そこから利益剰余金前期末残高が崩れて2問×4点。しめて82点。む~。管理も財務も締まらない終わり方でした。その他有価証券評価差額金?1-1-2-14。その他有価証券評価差額金?1-1-2-15。その他有価証券評価差額金?1-1-2-16。その他有価証券評価差額金?1-1-2-17。連結税効果?(棚卸資産・ダウンストリーム)1-1-2-18。検算の意味合いで繰延法。と学習していこう。評価差額の処理は純資産直入で。科目は純資産「その他有価証券評価差額金」で扱う。うーん。まとめるのと実際問題解くの。どっちがいいんだろう。明日は両方やってみようかなと思います。それにしても。ネット環境悪くてストレス溜まります。有価証券評価差額や繰延ヘッジ損益は予想が不可能なため。直近の残高がそのまま推移すると仮定します。少数株主持分については。子会社の純資産の推移に関する予測ができれば。それに少数株主持分比率を乗じて算出すればよいのですが。【純資産】「資本金」「資本剰余金」「利益剰余金」「自己株式」「その他有価証券評価差額金」「繰延ヘッジ損益」「少数株主持分」等。すべての勘定科目をそのまま独立表示させておきます。テーマII。対象企業の業績分析注目テーマ一覧おでかけ手作り。一時差異等=一時差異+繰越欠損金等(繰越欠損金+繰越外国税額)一時差異=期間差異+その他有価証券評価差額金このほかに。一時差異は。将来の課税所得を減額させる効果を持つ将来減算一時差異と。
参考リンク
簿記 貸借対照表 損益計算書
包括利益 今期から「連結」から開示 会計基準委が最終決定
包括利益 今期から「連結」から開示 会計基準委が最終決定
II-3.過去の財務諸表の組替え
20100619 ネット環境が微妙です。。。
税効果会計についての腕試し
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fxcfdshouken

Author:fxcfdshouken
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。